忍者ブログ
[50]  [49]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [39]  [40
突然ですが、私は漫画を描く工程のなかでトーン貼りが一番苦手です(そしてキライ)。なぜかって、髪や服にトーンくずがつくしすぐはがれるし値段は高いし・・とにかく面倒くさすぎる。
「その割にいつも画面がトーンで埋め尽くされているよね」と言われますが、それは、もうどこに何を貼ったらいいのかわからないので、ここにもあそこにも貼らなきゃいけないような気がする・・というマイナスな働きによる結果なので、決して貼るのが好きだからじゃないです
この週末、かねてから取り入れたいと思っていたデジタルトーン作業にやっと挑戦できました。使ったのはコミックスタジオ体験版です久しぶりに女の子を描いてみました

↑こちらは完成版をプリントアウトしたものを、デジカメで撮影したものです(データでアップする方法がわからなかった・・)
かなり雑な仕上がりですが、トーンをパソコン上で塗るように貼れたことに感動

前々からトーン作業をデジタル化したい・・と思っていたのですが、パソコンがずっと反抗期だったので、せっかく購入したペンタブもろくに動かず、コミスタ体験版もまとも起動しなかったので、デジタル化しようしようと思いながらも半年以上が過ぎてしまいました

でも、先日「COMITIA(コミティア)」に参加していろんなブースを回って、多くの方がデジタルで着色しているのを見て、アナログでは決して出せない効果や美しさがあるもんだなぁと心底思いました。もちろんアナログで美しい作品を発表している方もたくさんいますが、デジタルも無視できない要素として浸透してきているんだと実感しました

私もこの波に乗らない手はないと感じ、ペンタブやソフトを動かすためにもういっそパソコンを購入しようかな~と思っていたのですが、その前に現パソコンに最善の手を尽くそうと思い、いろいろ調べたり何度かリカバリもしてみたところ、どうやらセキュリティソフトとの相性が悪かったのが原因でおかしくなっていたようです。セキュリティソフトを変えたら、ペンタブもコミスタ体験版も無事起動したので、さっそく試すことができました

↓こちらが工程順のイラスト(左から ※クリックすると拡大表示します)
紙に描いた下絵(アナログ)下絵の上からペン入れ(アナログ)消しゴムをかけて目を入れ、ホワイトで修正(アナログ)スキャナで取り込んでトーン貼り(デジタル)






最後のトーン作業のみデジタルです

いや~、楽ですね~!!
もちろんまだまだ慣れていないので、アナログと同じくらい時間はかかりましたが、トーンの残量やはがれを気にせず貼れるのは、想像以上のストレス軽減になるということを実感しました

私はトーンを削ることも多いので、削りカスがトーンの接着部分にくっついてしまうこともままあるのですが、そんな心配をしなくていいところもうれしいです(今回はほとんど削ってないけど)

今日はトーンを貼るだけで精一杯でしたが、もっとなれて絶対使いこなせるようになろうと思います
練習したイラストは少しずつブログで発表できたらいいなと思うので、お付き合いのほどよろしくお願いします♪

心は春気分♪あ、でも今日仕事だ・・冬気分。
←ブログランキングのボタンを毎回こっそり貼っときます。
もしよければポチっとひとつ、たのみます。


PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
名前:渡部まさみ
BELOVE(講談社)にて
「とりおんな」
不定期連載中!
●過去作●
マンガボックス(DeNA)
「くのいち女子高生音無さん」全3巻
誕生:5/6
夢:wikiペディアに載りたい

↓単行本発売中!


↓営業用ホームページ
「すくらんぶるcomic」へ
↓ニコ生やってます♪
作業しながら雑談してます^^
「まったり作業コミュ」へ ↓当サイトのバナーです。
ご自由にお持ち帰りください。「すくらんぶる生活*scrambled-LIFE*」へ
pixiv
NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
クリックで救える命がある。
↑クリックだけで無料募金。
訪問者数

since2009/8/30~
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
 template『銀曜日の』  material『chaton noir』